FC2ブログ

ピアニストとダンサーの紡ぎだす時間

2/1(木)

今日は、東京藝術大学大学院の公開審査で生徒が踊るために上野まで行って来ました。

駅から東京文化会館の横を通り過ぎ藝大へと向かいます。
東京文化会館ではハンブルグバレエ団が来ている様で、今日の演目は「椿姫」みたいです。

途中奏楽堂が現れ「昔、文化会館や奏楽堂で踊ったね〜。」と懐かしく通過。
美しい建物を写真にと思いましたが、今日は工事中で残念。

でも公園を抜け大学へ向かうアプローチは本当に素晴らしい。

IMG_2376_convert_20180205203142奏楽堂上野
奏楽堂。工事中で横から撮影。

さて、今回は30分の演奏の中の1曲でキャラクターを踊らせていただきました。
公開審査は厳粛に行われ、演奏は素晴らしいものでした。

ピアニストの奏でる美しい音色と、美しく繊細な振り付けを一体にし表現しようとしているピアニストとダンサーの紡ぐ二人の世界が、音楽に溶けていく様で涙が出そうでした。

2人のパフォーマンスとっても良かった。
(余談ですが、ピアニストの腕はダンサーの足の様に筋肉がついていて、鍵盤の上を踊る様な指や腕のその動きは美しく、見とれてしまいました。)

バレエのくるみ割り人形から「金平糖の踊り」を踊った方も、とてもチャーミングで金平糖そのもの!

IMG_1376_convert_20180205203956藝大

この30分の演奏を聴いてる最中私の脳内はと言うと、想像を掻き立てられアイデアがわきにわき、貴重な時間を授けられました。

この機会を授けてくださったピアニストのOさんに感謝
いつもお世話になり、本当にありがとうございます。



そして丁度藝大では卒業・終了作品の展示が行われており、ほんの少しの時間でしたが美術科の方も時間の許す限り作品を見て来ました。

あ〜もっと沢山見たかった!どっぷりと浸って来たかった!
来年こそは時間をとって見に行けたら!と心を残し
そして、急いで帰宅。

今年も時間のない中でも色々動き回りそうな予感。ありがたいことです。頑張ろう。


恵まれた環境の芸大を歩きながら、どうして芸大に舞踊科がないんだろう…。と、ここまで生きて来て3度目の呟き。

バレリーナを夢見ていた時
現役の時
そして教師となった今

もう最初のつぶやきから30年は経っている…。

素晴らしい環境なのに。

藝大。ここは独特の空気感。
恵まれた素晴らしい空間。




スポンサーサイト



11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kirakira lapin

Author:kirakira lapin
八王子市にあるバレエ教室、
HOJOバレエスタジオ
ブログです☆
★MAP
★Google Map
★教室のホームページはコチラ
★緊急時の避難場所はコチラ

在籍者及び一般の皆様へ
最新記事
カテゴリ
DVD (1)
CD (0)
本 (2)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR